ここから本文です。

購入編

マイホームの上手な探し方や資金計画、住宅ローンなど、不動産購入時の質問や疑問にQ&A形式でお答えします。

マイホーム探し

Q. マイホームはどうやって探せば良いのですか?

A. インターネットを使えば、比較的容易に不動産物件の情報を入手できますが、反面、情報がありすぎ自分の希望条件に合う物件を見つけることが難しい場合もあります。また、中には広告される前に買い手がついてしまうものもあります。おすすめは自分で探しながら、信頼できる不動産営業担当に物件探しを依頼することです。多彩な情報チャンネルから物件探しをしてくれるだけでなく、気になった物件についてプロの視点かアドバイスも受けられます。

Q. マイホーム探しは複数の不動産会社に依頼した方が良いですか?

A. 各不動産会社は「レインズ」というシステムに不動産情報を登録し情報を共有しています。したがって窓口を複数にする必要性はそれほどありません。窓口を複数にすることで、各不動産会社から連絡が入り、煩わしさを感じる可能性もあります。自分の希望をしっかりと汲み取ってくれる営業担当者に任せるのが良い物件に出合うための近道ではないでしょうか。

Q. メールなどで手軽に新着物件情報をもらえますか?

A. 当社では、希望条件を登録しておけば条件にあった物件を自動的にお知らせする会員機能「静鉄不動産友の会のマイページ」をご用意しています。また、営業担当に条件をお伝えいただければ、個別にご案内させていただくこともできます。

*「静鉄不動産友の会」の入会金・年会費は無料です

Q. マンションと一戸建てどちらが良いのですか?

A. 一概にどちらが良いとはいえませんが、マンションであれば玄関も含めて非常に段差が少ないものが多く、機密性が高いため冷暖房効率も良い傾向があります。一戸建ては階下への気遣いが不要だったり、思い通りのリフォームができたりといったメリットがあります。自分のライフスタイルに合うことが重要です。

Q. 購入したい物件が見つかったのですが?

A. まずは営業担当にご連絡ください。資金計画等を確認の上、購入申込の手続きをいたします。実際の手続きの流れについては、あんちゃん・しんちゃんのページ「あんしん不動産ガイド」をご覧ください。

現地見学

Q. 現地見学では何をチェックするのですか?

A. 物件そのものや周辺環境などをチェックします。確認のポイントについては「あんしん不動産ガイド」をご覧ください。

Q. 現地見学は週末以外でもできますか?

A. 売主様のご都合によりますが、平日でも可能な場合があるのでご相談ください。

資金計画

Q. 購入可能な物件価格はどうやって計算するのですか?

A. 一般的に月々支払うことができるローンの返済額から借入可能額を割り出し、手持ち資金を合計して算出します。当社ホームページ「毎月返済額シミュレーション」「借入可能額シミュレーション」をご利用ください。ただし、希望の借入ができない場合もあるため、営業担当または金融機関にご相談ください。

Q. 頭金はどれくらい必要ですか?

A. 一般的には物件価格の2割が理想と言われていますが、全額ローンをご利用のお客様もいらっしゃいます。借入総額や毎月の返済額と収入のバランスが重要になるため、営業担当や金融機関にご相談ください。

Q. 購入するために必要な諸経費にはどんなものがありますか?

A. 主に仲介手数料や登記に必要な登録免許税、火災保険料、借入をされる方はローン事務手数料などが必要となります。目安としては物件価格の7~10%程度と言われています。

*仲介手数料は取引態様が売主・販売代理の場合は必要ありません

Q. マイホームを保有することでかかる経費はありますか?

A. 不動産の所有者には「固定資産税・都市計画税」が課税されます。このほか、マンションの場合は管理費・修繕積立金などが必要になります。また長期的な視点で考えれば修繕・リフォームの費用もかかってきます。

住宅ローン

Q. 住宅ローンの種類、融資を受ける条件は?

A. 大きく分けて民間金融機関が提供するものと住宅金融支援機関によるフラット35があります。フラット35は長期固定金利型、民間金融機関のローンは変動金利型、固定金利(期間選択)型、全期間固定型といったタイプが用意されています。金融機関、ローン商品ごとにそれぞれ年齢、年収、返済比率などの条件があるため、営業担当または金融機関にご確認ください。

Q. 住宅ローンを利用したいのですが、自分で金融機関に相談しなければいけませんか?

A. 社内融資や一部インターネット銀行のローンを除いて、営業担当が窓口となりご相談させていただきます。

ご契約

Q. 重要事項説明はどのようなものですか?

A. 宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取扱主任者が、契約が成立するまでの間に、売主様・買主様に対して売買物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが義務付けられています。当社では宅地建物取引主任者の資格を持った営業担当が「重要事項説明書」で説明させていただきます。

Q. 不動産売買契約ではどのような手続きを行いますか?

A. 売買契約書には、売買契約が成立した際に売主様と買主様がしなければならない約束事が記載されています。売主様・買主様双方がご納得・ご理解いただいた後に、原則として手付金の授受を行います。

買換え

Q. 買換えはどうすれば良いのですか?

A. 買換えがうまくいくかいかないかはの一番のポイントは時間的な問題です。つまり、売却を先に行う「売却先行」と購入を先に行う「購入先行」のそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、買換えプランを検討することが重要です。ご相談いただければ最適なスケジュールをご提案します。

Q. 売却先行と購入先行は、どちらが良いのですか?

A. どちらの場合にもメリット・デメリットがあります。売却先行では資金計画が立てやすい反面、希望に合う物件がなかなか見つからない、仮住まいが必要になるといったケースが考えられます。一方、購入先行は転居のスケジュールは立てやすくても、売却が思うように進まない場合、資金繰りを心配する必要がでる可能性があります。

その他

Q. 徒歩5分はどのくらいの距離ですか?

A. 不動産広告では実際に移動する距離で測り、徒歩1分=80mで計算(端数は切上)することになっています。従って徒歩5分は320~400mの間の距離となります。

Q. 3LDKは、どのような間取りのことですか?

A. 「L」はリビング、「D」はダイニング、「K」はキッチンのことで、3LDKはリビング、ダイニング、キッチンのほかに3居室あることを示しています

Q. 1坪の広さはどのくらいですか?

A .面積が約3.3m²で、目安として畳2枚程度の広さです。

Q. 専有面積の壁心面積はどのような意味ですか?

A. 建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方で測った面積のことをいいます。これに対して壁の内側で測った面積を内法(うちのり)面積といいます。

Q. 坪単価はどうやって計算しますか?

A. 坪単価とは、土地やマンションの1坪あたりの価格のことです。概算では物件価格÷面積×3.3で計算します。土地やマンションの販売価格などを比較する際に用いられることが多いです。

Q. 両親から資金援助を受ける場合、税務相談などにも乗ってもらえますか?

A. 制度の説明など一部的な内容については営業担当者でもお答えすることが可能ですが、詳細は個別に税務署や税理士にご相談されることをおすすめします。

お問い合わせ

静岡鉄道株式会社 静鉄不動産 友の会事務局

〒420-8510 静岡市葵区鷹匠1-1-1静鉄鷹匠ビル

電話番号:0120-545-277

ファックス:054-254-3625