公式「グランアネシス草薙」静岡鉄道の大規模分譲マンション
JR東海道本線「草薙」駅徒歩6分/静岡鉄道「草薙」駅徒歩8分

グランアネシス草薙

SAFETY 安心への配慮

安心と安全への真摯な取り組み。

防災用品備蓄収納「グリーンボックス」

住戸内には、非常時に備え、防災用品備蓄収納「グリーンボックス」を設置。
停電の際に役立つカセットガス発電機や充電式LEDランタン、災害後の生活に不可欠な簡易トイレや飲料水などの防災用品を完備しています。
これらの防災用品は災害時の他、キャンプ用品としてもご利用いただけます。

  1. カセットガス発電機
    持ち運びがしやすく、燃料は簡単に入手しやすいカセットガス。停電時の非常用電源だけでなく、レジャーでも使用できます。
  2. 充電式LEDランタン
    持ち運びがしやすく持続時間も長いランタン。充電で継続して利用できる上、長寿命なLEDを採用しています。
  3. 飲料水
    非常用飲料水(品質保持期限:5年)をご用意しています。
  4. 簡易トイレ
    断水を想定して備える簡易トイレ。汚物を住戸内に保管しなければならない場合、脱臭効果も期待できます。
  5. 救急セットボックス型
    突然のケガの応急処置に不可欠な救急セット。もちろん、普段の日常生活においても重宝します。

※「グリーンボックス」内に備蓄される各種防災グッズは予告なく変更する場合があります。

DISASTER PREVENTION

非常用コンセント「グリーンコンセント」

非常時にカセットガス発電機で発電した電気をリビングに供給。停電時でも室内で電化製品の使用や携帯電話の充電が可能です。

参考写真

防災倉庫

1階共用部に、防災倉庫を設置。避難用具や救出用具など、防災時に必要となる物品や資材を保管しています。

概念図

家具転倒防止下地

冷蔵庫・食器棚の設置が想定される場所の壁面には、転倒防止金具の取り付けを可能にする家具転倒防止下地を設置しています。

概念図

耐震ドア枠

玄関ドアには、地震による枠の変形をクリアランス部分が吸収する、変形に強い耐震ドア枠を採用し、室内への閉じ込めを防止します。

足元保安灯

停電時に自動点灯し、フロアを安全に照らす足元保安灯。取り外せば、懐中電灯としても利用でき便利です。

概念図

エレベーター地震時閉じこめ防止

エレベーター運転中に、感知器が地震の初期微動(P波)を感知すると、最寄階に速やかに停止します。

STRUCTURE

概念図

杭基礎構造

地下約18~20m以深、N値50以上の強固な地盤(支持層)に、杭径約900mmの既成コンクリート杭を65本打ち込み、建物を支持しています。

概念図

高強度せん断補強筋

地震や台風の大きな荷重に耐えるため、従来のSD筋(295)に比べ約3倍もの高い強度を発揮するせん断補強筋を採用しています。

概念図

ダブル配筋の耐震壁

耐震壁には、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋を採用。シングル配筋に比べ、より高い耐震性を確保しています。

概念図

二重床・二重天井

二重床・二重天井とすることで、将来のメンテナンスに対応。また二重床は、⊿LL(Ⅱ)-3と⊿LH(Ⅱ)-2の商品を使用しています。

概念図

外壁

外壁にはALC板を採用し、柱・梁等の構造体と分離することで、万が一の際の被害を軽減。また断熱材を吹き付けることで、高い断熱性を実現しています。

概念図

戸境壁

住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造で厚さ約200mm。隣接する住戸相互のプライバシーに配慮しています。

住宅性能評価

第三者機関が建物性能を法律の基準に沿ってチェック。取得済みの設計住宅性能評価書に加え、竣工時には建設住宅性能評価書を取得予定です。

耐震等級(倒壊防止)等級2取得予定

耐震等級とは、住宅品質確保促進法の住宅性能表示における、建物の強さを表す指標。「グランアネシス草薙」は、この耐震等級において、数百年に一度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度の耐震性能にあたる「耐震等級2」を取得予定。建築基準法の想定を越えた、高い耐震性の実現を目指しています。

SECURITY

image photo

24時間セキュリティシステム

警備会社による24時間遠隔監視システム。火災やガス漏れ等の異常は即座に自動通報され、管理会社や警備員が迅速かつ的確に対応します。

概念図

オートロックシステム

音声だけでなく、姿を確認してから、室内のインターホン子機でエントランスの解錠を行えるカラーTVモニター付オートロックシステムを採用。不審者の侵入や迷惑な訪問販売等に役立ちます。

参考写真

防犯カメラ

防犯性を高めるため、敷地内や建物共用部、エレベーター内等に防犯カメラを設置し、録画しています。

参考写真

エレベーター内表示モニター(1階)

1階エレベーターホールでエレベーターを呼ぶ際、モニターがエレベーター内を表示。不審者が潜んでいないか確認することができます。

概念図

ディンプルキー

玄関キーは、キーの刻みが複雑で複製も困難なディンプルキーを採用。さらにダブルロックにより防犯性を高めています。

カラーモニター付タッチパネル
ハンズフリーインターホン

来訪者を鮮明なカラー映像で確認できるインターホンは、使いやすいタッチパネル・ハンズフリータイプ(録画・録音機能付)です。

ダブル防犯サムターン

サムターン回し対策として、工具などで無理に回そうとしても開錠できない防犯サムターンを玄関ドアの2ヶ所に採用しました。

鎌デッドボルト錠

バール等によるこじ開け対策として、鍵を閉めると鎌状のデッドボルトが掛かってドアを頑強に固定する鎌デッドボルト錠を採用しています。

のぞき防止ドアスコープ

ドアスコープには、内側にカバー付きのタイプを採用。共用廊下から住戸内の様子が確認できないので、安心です。

CP仕様玄関ドア

多くの防犯設備が設置された玄関ドアは、CP仕様の防犯性能の高いものを採用しています。

防犯センサー

1階及び最上階の窓(廊下側、妻側及びFIX窓は除く)に防犯センサーを設置。不正侵入があると、警備会社へ自動通報されます。

※掲載の写真はコンセプトモデルルームを撮影(平成28年7月)したもので実際とは異なります。(参考写真、イメージフォト除く)※一部にオプション(有償)が含まれており、標準仕様とは異なります。また、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。