ホーム > 静鉄空き家巡回管理サービス > 放置された「空き家」のリスク

ここから本文です。

放置された「空き家」のリスク

ご存知ですか?放置された「空き家」には、こんなリスクがあります。

建物の劣化

人の住まなくなった建物は、劣化が進みやすくなります。建物内には湿気によるカビや害虫が発生したり、雨漏れなども放置しておくと建物の腐食などにもつながり、建物の劣化が進行しやすくなります。

犯罪の誘発

放置された空き家では、ゴミ等が不法投棄されたり、空き巣や不審者に新入されることが懸念されます。また、放火による火災などの恐れもあります。

損害賠償

放置された空き家によって、第三者に損害を与えた場合、その損害に対する賠償請求を受ける可能性があります。

苦情

長期間空き家を放置していると、庭木が伸びて隣地に越境してしまったり、雑草が生い茂ってしまうことで害虫が発生するなど、ご近所様から苦情をうける可能性があります。

「空き家」は放置せず、
リスクにつながる恐れのある要因を
早期に発見し対処することで、
リスクの低減につながります。

お問い合わせ

静鉄空き家巡回管理サービス受付窓口

0120-545-278

電話をかける

営業時間/9:30~18:00※携帯電話・PHSからも通話可能です。

メールでのお問い合わせはこちら